今話題のニュースをいち早くお届けします。

凄早ニュース速報

スポーツ 面白ニュース

赤井沙希衝撃のカミングアウト。腹筋の秘密と心霊写真、釣り天井とは?

投稿日:

一流芸能人が自らの過ちを告白し償う「有吉反省会」(日本テレビ系)ですが、2月29日(土)の放送では、ゲストにプロレスラーの赤井沙希が登場。セールスポイントの割れた腹筋が、実はメークによるものだったとカミングアウトとし、話題になりました。

スポンサーリンク

赤井沙希のカミングアウトした腹筋メークとは?

元プロボクサーの赤井英和を父に持つ赤井は、2004年にモデルとしてデビューし、グラビアやバラエティー番組で活躍、2013年にはプロレスデビューし、プロレス大賞新人賞を獲得している。

ファンの間では、「沙希ちゃんの腹筋大好きー!!」「こんな腹筋欲しい」とバキバキの腹筋が大好評。しかし、実はこの見事な腹筋が偽りのものだという。

ザ・テレビジョンより

なんとあの見事な腹筋がメイクによるものだったという衝撃の告白でした!!

「実は腹筋描いてます。影を自分で作って、偽造してます。デビュー(6年前)からやってます。お化粧するのと一緒。多分、お客さんは気付いてないと思います」。実際に見せてもらうと、お腹は出ていないものの、割れ目は見当たらない。そこから涙袋用のアイライナーと3色のパウダーで影を描くと見事に割れた腹筋が完成。大量のパウダーを使っているので「白いコスチュームの対戦相手には気を遣う」と明かした。

ザ・テレビジョンより

しかし、腹筋が割れていないとはいえ、そのスタイルは見事なものです。プロレスラーとして極力体へのダメージを抑えるために、脂肪などをつけなければならないというのに、このスタイルを保っていることは驚異的と言えます。

なお、放送前にはこんなツイートも。

スポンサーリンク

赤井沙希の話題になった心霊写真とは?

タレントで女子プロレスラーの赤井沙希(30)がつい先日、東京・江東区の東京スポーツ新聞社内で前代未聞の“公開除霊”に臨んだ。赤井が身の回りの怪異に気づいたのは昨年半ばごろ。自身の“心霊写真”が連続して発見されたのだ。不安に駆られた赤井が相談したのは、心霊研究所「正霊会」の山口彩代表(57)だ。鑑定してみると、やはり霊に憑依(ひょうい)されていたことが判明。東スポ史上初となる社内除霊を試みると――。

東スポWebより

東スポか・・・という印象もありましたが、プロレスがらみとしては信頼のおけるメディアであると筆者は考えております。

1枚目は昨年7月の埼玉大会のもの。赤井の顔にまるで「進撃の巨人」のごときペイントが施され、口元から牙が生えているようにも見える。もちろん特殊メークを施して試合をしたわけではない。この写真に限っては、何ともおどろおどろしい姿で写っている。

 もう1枚は、今年3月の横浜大会。今度は赤井の顔部分が黒塗りになってしまっている。光の加減にしても不自然な角度で顔だけが真っ黒だ。

東スポWebより

どこから突っ込んでいいものやらわかりませんが、どうもこの一件が赤井さんを恐怖のどん底に叩き込んだのは事実なようで、今回の除霊に至ったそうですね。とはいえ、2017年の記事です(汗)

この時赤井さんにに結婚の期が訪れるのは32歳という予言もあったそうですが、それもまた気になるところです。

スポンサーリンク

赤井沙希と吊り天井との謎の関係とは??

ここでいう吊り天井とは、プロレス技のロメロスペシャルのことです。通称が「吊り天井固め」という関節技ですね。

今年の1月に引退した獣神サンダーライガー選手もよくつかわれていましたね。

で、なぜ赤井沙希さんと吊り天井がセットで検索されているのかというと・・・

確信しました。食らいっぷり、掛けられっぷりが見事なのだと。

しかもフォームがフォームのため、スタイル抜群な赤井さんに掛けられると…まあ、そういうことです(汗)

スポンサーリンク

赤井沙希 カミングアウトにネット上の反響は?

舞台「Fate grand order」では、赤井沙希さんがアステカの女神ケツアル・コアトルを演じていました。

プロレスラーとしては、コンディションを保つことも大切ですから、ビジュアルとフィジカルの共に折り合いのつくところで、是非頑張って欲しいですね!!

スポンサーリンク

-スポーツ, 面白ニュース

Copyright© 凄早ニュース速報 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.