今話題のニュースをいち早くお届けします。

凄早ニュース速報

新型コロナ 社会 面白ニュース

「コロナ禍」読み方は? いつから? 意味は?

投稿日:

いつしか見るようになった単語に「コロナ禍」がありますが、これはなんと読むのでしょうか?

いつから生まれた言葉でしょうか? そしてその意味は?

今回の記事ではちょっと掘り下げてみましょう。

スポンサーリンク

「コロナ禍」の読み方は? 

ずばり読み方ですが、

「コロナ禍」=ころなか、です。

間違っても、

コロナ鍋(なべ)でなければ、

コロナ渦(うず)でもなく、

コロナ過(か、だけど誤字!)でもないのです。

スポンサーリンク

「コロナ禍」の意味とは?

では、この「コロナ禍」ですが、どんな意味でしょうか?

まず「禍」という感じを考えてみましょう。

「禍福は糾える縄の如し」という言葉があります。

人生をより合わさった縄にたとえて、幸福と不幸は変転するものだという意味の故事成語です。

不幸を嘆いていると、いつの間にか幸福となり、幸福を喜んでいると、また不幸になる、ちょうどそれは「より合わせた縄のように表裏が交互にやってくる」ということを表す、なんとも深い言葉ですね。

すなわち、「禍」の字が意味するのは「わざわい」です。

「禍々しい」と書くと「まがまがしい」と読みます。

非常に印象のよろしく内示と言えるでしょう。

そこで「コロナ禍」ですが、

意味としては「コロナからもたらされる不幸」の総称と言えるでしょう。

「新型コロナウイルスに関する一連の悪い事柄、不幸」を短~くすると、

「コロナ禍」の四文字で事足りるわけですね。

確かに「コロナ禍」によって未曾有の災害に匹敵する現状になっている現状です。

沢山の方が体験しなかった制約に縛られ、ある人は病に苦しみ、命を落とした人までいます。

経済の乱れ、感染への恐怖、先の見えない不安…まさに世界を襲った大災害であり、この世界的混乱を戦争になぞらえる人もいます。

だからこそ、人間の真価が問われると言えるのではないでしょうか?

幸いにして日本は世界から様々な言われ方をしながらも、新型コロナウイルスの感染者こそ増えてはいるものの、死亡者数は世界各国の中でも、かなり低い水準に抑えられています。

しかしながら、新型コロナウイルスの感染力は無視できない強さを持っており、その戦いは長期にわたることを覚悟しなければならないようです。

まだまだ自粛を強いられる時間はかなり続くことでしょう。

今は耐える時です。

油断せず、必要以上に恐怖せず、この「コロナ禍」を乗り越えていきたいものです。

スポンサーリンク

「コロナ禍」使い始めたのはいつから?

初めて見受けられたのはこちらのツイートと言われています。

ニュースに先立って「コロナ禍」という単語を使った、ある意味センセーショナルなツイートと言えるでしょう。

スポンサーリンク

「コロナ禍」に世間の反応は?

仲間がいっぱい!!

油断すると間違えそうです。

そうだったのか・・・!

これは…食欲減退しそう(汗)

どちらも大好きです!

 

大変な時期ではありますが、頑張って乗り越えていきましょう!

人間は新型コロナウイルスなんかに負けません!!

スポンサーリンク
人気ブログランキングへ

-新型コロナ, 社会, 面白ニュース

Copyright© 凄早ニュース速報 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.