今話題のニュースをいち早くお届けします。

凄早ニュース速報

芸能

築地容子 死去判明。2013年に逝去していた 

投稿日:

戦後の日本で活躍し、1958年には第九回NHK紅白歌合戦にも出場していた歌手の築地容子さん(本名:西原利枝さん)が、2013年12月15日に亡くなっていたことが、21日分かりました。享年82歳。冥福をお祈り申し上げます。

晩年はレコード会社や事務所に所属することなく、第一線から退いていたようです。

それでは今回は歌手・築地容子さんについて掘り下げてみましょう。

スポンサーリンク

築地容子 死去判明の経緯について

関係者の証言によると、22日発売の全曲集「日本の流行歌スターたち(27)築地容子」の政策委辺り、担当者が日本歌手協会を通じて本人への連絡を試みた際に死去が判明したそうです。

担当プロデューサーは、


「日本の歌謡界において輝かしい活躍をされた方。すばらしい歌声を後世に伝えていくと同時に、亡くなられたことも公表することで歌手人生の軌跡を残したい」


と経緯を明かしたそうですね。

晩年に公に出ての活動を控えられていただけに、死去が判明するまでに時間を要したようですが、少し悲しい気もします。

スポンサーリンク

歌手・築地容子のプロフィール

築地さんは1931年7月12日生まれ。東京都出身。高校在学中には戦争のため、静岡県に疎開し、卒業後に東京の劇場「ムーラン・ルージュ新宿」で芸能活動を開始しました。

長身と美貌で人気となり1950年に姫路リエ子の芸名で映画「恋しかるらん」で女優デビューし、翌年には大映に入って、1955年まで映画出演を続けました。

1954年には覆面歌手の「金色仮面(ゴールデンマスク)」(漢字表記では「黄金仮面となっている資料もあり」)として素性を明かさない覆面歌手として「ジャニー・ギター」でデビューして大きな話題になりました。

その後「セレソ・ローサ」などがヒットし、一般公募した芸名の築地容子として活動しました。

1958年のNHK紅白歌合戦出場の際には、「青い月夜のランデブー」を歌唱しています。

東日本大震災を受けて2011年には大阪市内で東日本大震災チャリティー公演にゲスト出演し元気な歌声を披露披露していたそうで、2013年には2月17日に大阪府大阪市内のライブハウスで「〜シャンソンをあなたに〜築地容子ライブショー」を開催していたそうです。

亡くなる寸前まで歌手として活動をされていたのですね。ご自身が歌うことでチャリティにも積極的に参加されていたことは、素晴らしいことだと思います。

スポンサーリンク

築地容子 歌唱動画は?

YouTubeではシャンソンの「枯葉」を披露している動画がありました。

こちらは動画ではありませんが、紅白での歌唱曲「青い月夜のランデブー」です。

戦後の歌唱史に名を残した歌声が、もう生では聴けないことはただただ残念です。

スポンサーリンク

築地容子 死去判明に世間の反応は?

築地容子さんの訃報が6年半たって突然判明したことに、世間では様々な声が上がっています。

「紅白にまで出ていたのに6年半も…周りで関わった人もそれなりにいたんだろうに、結構冷たい世界なんだなって思う」

という声や、

「事務所はいったい何をしていたのでしょうか。高齢なら定期的に連絡を取るべきです。」

公表が遅すぎる。

などと、お亡くなりになったことが判明するまでの歳月に、悲しみや怒りを感じている声が多くあります。

その中でも、

「紅白にも出場しているし、数年前に彼女の歌唱映像がテレビで放映されているので、供養もこめて再度注目が集まるといいですね。。。」

と築地容子さんに再びスポットライトが当たることを祈る声もありました。筆者もそう願います。

スポンサーリンク

築地容子 死亡判明 まとめ

人々の記憶に残る活躍をされた方ですから、正しくその有り様を語り継いでくれる人がもっといればと願ってやみません。

しかしながら、YouTube上には彼女の活動が公になるようにアップロードしてくださったライブの動画があり、別れを惜しむ声もある。

そこは救いであるかと思いました。

スポンサーリンク
人気ブログランキングへ

-芸能

Copyright© 凄早ニュース速報 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.