今話題のニュースをいち早くお届けします。

凄早ニュース速報

芸能

石原さとみのドラマ主演数が異例の11作目に!! その際立つ存在感とは・・・?

投稿日:

2月5日、女優の石原さとみ(33)が4月期のフジテレビ系ドラマ『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』で主演を務めると発表されました。これが異例の11作目となり、話題になっています。

スポンサーリンク

石原さとみのドラマ主演11作目は何が異例なのか?

石原さとみの過去の連続ドラマ主演は、

2003年『てるてる家族』(NHK総合)

2006年の『Ns’あおい』(フジテレビ系)

2007年『花嫁とパパ』(フジテレビ系)

2010年『霊能力者 小田霧響子の嘘』(テレビ朝日系)

2014年『ディア・シスター』(フジテレビ系)

2015年『5→9~私に恋したお坊さん~』(フジテレビ系)

2016年『地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子』(日本テレビ系)

2018年『高嶺の花』(日本テレビ系)

2018年『アンナチュラル』(TBSテレビ系)

2019年『Heaven? ~ご苦楽レストラン~』

今回の 『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』 を合わせると11作品目になりますが、これが同世代の女優と比べても断トツなのです。

綾瀬はるかさんの9作品、新垣結衣さんの5作品を超えて大きくリードしています。

スポンサーリンク

なぜ石原さとみは異例の11作品の連続ドラマ主役に選ばれるのか?

石原さんが連続ドラマの主役に起用される理由は、その徹底した役作りのこだわりがあると言われています。

「石原さんが主演を務めてきたドラマは、どちらかというと“地味”な仕事を取り上げたものが多いかもしれません。ただ彼女はそうした“お仕事ドラマ”に挑戦する際、プロへの取材や職場見学を欠かさないそうです。たとえば『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』では実際の薬剤師から話を聞き、衣装のデザイン立案にも参加していたと聞きました。だからこそ、演じていても説得力が生まれます。そして持ち前の華やかさが、お仕事ドラマをキラキラしたものに変えてくれるのです」(テレビ局関係者)

女性自身より

今回の役は病院薬剤師ということでどういう準備をして、どんな主役を見せてくれるのかがとても楽しみですね!!

スポンサーリンク

石原さとみの公式SNSは? インスタグラム、Twitter、LINEは?

現状で公式のSNSアカウントは、LINE公式アカウントのみと言われています。

そして、LINEで公式アカウントを取得した第一号が石原さとみさんなのです。

現状、Twitterやインスタグラムにもアカウントは存在しますが、

公式のものでは無いようです。

いずれは公式アカウント開設もあるかも知れませんね!

スポンサーリンク

石原さとみ異例の11作目連ドラ主演にネット上の反響は?

新作の「アンサングシンデレラ」に期待する声もとても多いですね!

作中でどんなこだわりを見せてくれるのか、とっても楽しみです!!

スポンサーリンク

-芸能

Copyright© 凄早ニュース速報 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.