今話題のニュースをいち早くお届けします。

凄早ニュース速報

ドラマ 芸能

日曜ドラマ「テセウスの船」第5話せっかくの証言者が… 真犯人はさつき先生? それとも…

投稿日:

日曜ドラマ「テセウスの船」が5話の急展開が好評で話題となっています。

スポンサーリンク

「日曜ドラマ」テセウスの船ここまでのあらすじ

竹内涼真がTBS日曜劇場で初主演!
「泣ける本格ミステリー」に挑む!

平成元年に起きた謎の連続毒殺事件…
犯人は、父親──!?
事件直前にタイムスリップした息子は
驚愕の真実にぶちあたる!

“俺の父親は、本当に犯人なのか!?”

事件によって失われてしまった
家族の笑顔を取り戻すため
父の無実を信じて立ち上がる息子。

時代を超えた“父と子の絆”に奇跡は起こるのか──!?

「この謎に、涙する」

TBS公式サイトより

田村心(竹内涼真)の父は佐野文吾(鈴木亮平)。父は心が生まれる前に殺人犯として逮捕され、母・佐野和子(榮倉奈々)と姉兄と共に、加害者家族として世間からの厳しい視線を浴び、暗闇の中を生きてきました。

心は人目を気にして笑うことも許されなかった人生を送ってきました。しかし、彼の過去を受け入れ、いつも励まし支えてくれる最愛の妻・田村由紀(上野樹里)から、自分の父親を信じてみてと言われ、心は父に向き合う決意をします。

そんな時、父が逮捕された事件の現場となった村を訪れた心は、突然、事件直前の平成元年にタイムスリップしてしまいます。そして、心はそこで生まれて初めて父・文吾と31年前の母・和子に出会いました…。過去で出会ったのは優しさと笑顔が溢れる愛すべき家族でした……

タイムスリップを機に、父が犯したと言われる殺人事件の真相を明かし、父の無実を晴らす――心は未来から持ってきた過去の事件記事をのスクラップしたノートを手に、未来を変えようと奔走します。

しかし、過去へのタイムスリップの中で、真犯人を見つけることが出来なかったばかりか、未来に起こる事件がわかるノートを奪われてしまったことで、再度心が平成31年に帰って来た時には、心の家族が一家心中し、生き残っているのは死刑囚として収監されている父を除くと心と姉の鈴しかいなかったのです。

未来は明らかに悪いものに変わっていました--

ただ唯一の希望は最愛の妻だった由紀が亡くなった歴史が変わっていたことでした。心は一縷の望みを胸に由紀の実家を訪れ、記者として働く由紀と出会います。

拘置所の文吾と涙の再会を果たし、必ず冤罪を晴らすと約束した心は、生き別れになっていた姉を訪ねますが、姉は村田藍(貫地谷しほり)と名前も姿も変えて隠れるように生きていました。心は藍に文吾の冤罪を晴らすことに協力して欲しいと言うが、藍は内縁の夫(安藤政信)との生活を邪魔しないで欲しいと拒む。心は姉の夫の正体を知り、愕然とします。

姉の夫は、木村さつき(麻生祐未)の息子。さつきはあの殺人事件が起こった小学校の教師であり、彼女は佐野文吾を執拗に憎んでいたのでした…

記者である由紀と協力関係になり、「音臼小学校殺人事件被害者の会」に乗り込もうとする心。由紀の壇上での必死の熱弁が功を奏し、遂に過去の真相を知る証言者が現れたのだが…

ここまでは4話までのあらすじです。5話は現れた証言者を巡るエピソードでしたね。なぜか、佐野文吾の死刑を偏執的に望み、鈴の正体を見破って利用するさつきが恐ろしい…そう思いました。

スポンサーリンク

日曜ドラマ「テセウスの船」音臼小殺人事件の真犯人は?

話題になっているのは、過去の佐野文吾が犯したと言われる被害者31人の殺人事件の真犯人です。

木村さつきは非常に怪しいと思われていますが、佐野文吾を執拗に憎むその真意はまだ謎に包まれています。おそらくは5話において、証言者である松尾紀子を殺害したことが匂わされていますが、真相はまだ謎です。息子に障がいを残した音臼小事件の犯人を執拗に憎む気持ちが強いのはわかりますが、かといってそこまでするのだろうか、何か真犯人について重要なことを知っているのではないかとも考えられます。

そして、ドラマ版の犯人は原作コミックとも異なるとのこと。原作を読んでいる方でも先が読めないミステリーにハラハラしているのではないでしょうか。

スポンサーリンク

「テセウスの船」原作とは違う犯人、そしてエピソード

犯人は原作とは違うことが明かされています。

筆者は原作未読ですが、あえて原作版の犯人については言及を避けようと思います(是非原作を読んでみてください。私もドラマが終わったら買います・笑)

なお、名シーンと名高い第4話終盤の音臼小殺人事件被害者の会での由紀の説得シーンはドラマのオリジナルエピソードなのだそうです!

5分に及ぶ迫真の演技に由紀役の上野樹里さんを褒めたたえる声が多かったそうです。さらにあのシーンは被害者遺族に水を掛けられるところも含めて一発OK だったのエピソードも…

未試聴の方は是非パラビなどを活用してでも観て欲しい名シーンですね!!

スポンサーリンク

日曜ドラマ「テセウスの船」第6話以降の展開は?

田村心(竹内涼真)にとって唯一の希望だった、父・文吾(鈴木亮平)の無罪の証言者・松尾紀子(芦名星)が、木村さつき(麻生祐未)によって殺害された。姉の村田藍(貫地谷しほり)の話から音臼小事件の真犯人はさつきではないかと疑うが、さつきの元に毒入りのジュースが届く……。そして、事件を嗅ぎ回るなという警告が!
それでも心は由紀(上野樹里)と協力して、事件の真相へと迫っていく。木村みきお(安藤政信)に渡されたさつきの手帳と、文吾の記憶をヒントに事件の真犯人へと辿り着く手掛かりを得る。しかし、それは心を陥れる真犯人の罠だった。そして、ついに真犯人から心に招待状が届く! 心は命と引き換えに真犯人に会いにいくことを決意する。

TBS公式サイトより

なんとまあ…あらすじだけで、日曜日が待ち遠しくてたまらない内容です!

あらすじ上でさつきの真犯人説も否定されてしまっていますが、果たしてどんな展開が待っているのでしょうか?

スポンサーリンク

日曜ドラマ「テセウスの船」ネット上の反響は?

これは・・・決して否定できない(汗)

それでも真犯人に打ち勝ってほしいなとは思いますが・・・

スポンサーリンク

かなりの方がドラマの続きを楽しみにしているのはわかりますが、概ね心さんに辛辣です(笑) 確かに不用意に思われる行動言動があり、視聴者としてもやきもちしてしまうのは事実です。

次回こそは主人公らしい活躍に期待したいですね!!

スポンサーリンク

-ドラマ, 芸能

Copyright© 凄早ニュース速報 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.