今話題のニュースをいち早くお届けします。

凄早ニュース速報

新型コロナ 社会 芸能

新型コロナで西田敏行が俳優の危機を訴え。

更新日:

新型コロナウイルスが猛威が振るい、映画やドラマの撮影中止やイベントの中止など多大な影響が出ている中、俳優の西田敏行が「俳優の危機」を訴えて話題になっています。

スポンサーリンク

西田敏行が訴えた「俳優の危機」とは?

現状舞台で活躍する俳優はこのような現状を訴えています。

「予定していた公演が次々に中止になって、これがいつまで続くのか……そう思うと本当に怖いです。舞台俳優は1つの公演がなくなって、アテにしていたギャラがなくなってしまうと、本当に生活ができなくなってしまうという人も多いので……。劇団も公演がなくなって大変なので、保障してほしいとも言えなくて……。俳優としての仕事はこれからもどんどん中止になっていくことが目に見えているので、バイトを増やして生活していくしかないですね」

週刊女性PRIMEより

殊に、映像よりも舞台で活躍する俳優の方が事情は深刻でしょう。狭い空間に観客が集まって、舞台上で演じられる世界に没頭する・・・感染症対策を考えると規制せざるを得ない現状も理解できます。

そこで3月5日、『日本俳優連合』は安倍晋三首相、菅義偉官房長官、加藤勝信厚生労働大臣宛に『新型コロナウィルス感染防止措置に伴う公演などの中止に伴う声明 及び働き手支援についての緊急要請』という要望書を提出しました。

西田さんは日俳連の理事長であり、要望書の中でこう訴えたそうです。

《私たちは今般の政府のご意向に添い、不特定多数の人々が集まるイベントなどの開催自粛を受けて、俳優は、映画・演劇・イベントなどの主催者の指示に従い、中止(キャンセル)を受け入れております》

《しかし出演者へのキャンセル料等の話し合いには到底至らないケースが多く、生活に困窮する事態が見えています》

《私たちにとっては仕事と収入の双方が失われ、生きる危機に瀕する事態です》

週刊女性PRIMEより

実際に固定給がない俳優がほとんどなのは現状でしょう。事務所にある程度の利益を上げることが出来る俳優が、そのような契約を結んでいるパターンもありますが、そんな方はごくわずかです。

フリーランスがほとんどの俳優は、今回新型コロナウイルスの影響を受けて政府が発表した緊急対策においても、臨時休校の影響で仕事を休んだ場合に支払われる助成金の支給額が、企業に雇われている保護者のおよそ半額になっています。

「どうか雇用・非雇用の別のないご対応で、文化と芸能界を支える俳優へご配慮下さいますよう要望いたします」と西田さんは要望書を締めくくっているそうです。

俳優として食べられている方だからこその内容でもありますが、仕事自体を自粛せざるを得ない現状では非常に厳しいように思いますね。

スポンサーリンク

俳優の仕事に補償はあるのか?

今回のような、仕事がなくなることによってキャンセル料の請求も難しい立場である俳優ですが、当然ながら企業に雇われているわけではないので、雇用保険や厚生年金保険、健康保険の対象外である方がほとんどです。

厚生年金保険と健康保険の代わりは国民年金と国民健康保険があるとはいえ、雇用保険に変わるものはありません。アルバイトでそういった公的補助を得ている方もいるでしょうが、むしろ役者専業で食べられている方ほど、フリーランスとしていざという時の補償がない生活を送っているのが現状です。

「公演が中止になっても、出演した俳優や女優にキャンセル料が支払われたケースは、まず聞きません。よほどの契約なら話は別ですが、突発的な中止には支払うよう求めていても、『紳士協定』で出ないことが多いですね」

J-CASTニュースより

フリーランスの個人事業主の事情に詳しく、自身も女優として働く関係者はこう明かしています。

非常に厳しい状況と言わざるを得ませんが、ネット上ではこんな声も上がってます。

と、このように厳しい意見もあります。

稼げれば夢のような額が稼げることと、その一方で底辺の収入に甘んじる人も多い世界です。まさに今回の一件で一番ダメージを受けているのは、「ようやく芝居一本で食べられるようになった」方ではないでしょうか。

既に稼げている方のダメージはそれほどでもないと思います。しかしながら、ほとんどの俳優はそうではないのが現状です。

スポンサーリンク

西田敏行 俳優の危機を訴えにネット上の反響は?

そもそもフリーランスの世界は、自己責任の世界です。

それでもやりたいから俳優の道を歩んだ方が多いはずです。

「自己責任だから」と厳しいことを言われる気持ちもわかります。

ただ、今回の状況はあまりに悪すぎます。下手すれば、アルバイトさえ業種によっては仕事が減らされるご時世です。それを慮って西田さんは声を上げてくれたのでしょう。

新型コロナウイルスの一日でも早い収束と、せめて最低限のセーフティネットが俳優の皆さんにもあることを祈ります。

スポンサーリンク

-新型コロナ, 社会, 芸能

Copyright© 凄早ニュース速報 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.