今話題のニュースをいち早くお届けします。

凄早ニュース速報

ドラマ 芸能

大河ドラマ「麒麟がくる」沢尻エリカの代役を務めた川口春奈の帰蝶役が大反響!

投稿日:

19日に沢尻エリカ逮捕の影響で録り直しを行った影響で、

二週遅れての初回放送となったNHK大河ドラマ「麒麟がくる」。

代役として、後に織田信長の妻となる帰蝶役を演じた

川口春奈さんの名演が評判になっています!

スポンサーリンク

「麒麟がくる」で川口春奈が演じた帰蝶役。放送第1回の見せ場は?

後に織田信長の正妻・濃となる帰蝶の出番は第1回の後半でした。

短時間ながら、川口春奈さんは乗馬のシーンも披露し注目を集めました。

各メディアによると、初回の平均視聴率は19.1%とのこと!

快調な滑り出しです!

 

川口さんは沢尻エリカ被告(33)が

昨年11月16日に麻薬取締法違反の容疑で逮捕されたことを受け、

代役に抜てきされました。

ドラマは1月5日に初回放送される予定だったが、放送日が19日に変更され、

2019年12月から川口さんが撮影に加わり、急ピッチで撮り直しが行われたそうです。

ネット上では1/4、1/5に放送されたドラマ「教場」での大活躍もあり、

川口さんの女優ぶりに好評の声が多く上がっています。

スポンサーリンク

女優・川口春奈の「麒麟がくる」帰蝶役の評判は?

「麒麟がくる」第1回は、人気声優・大塚明夫さんの初出演も話題に!

実は放送前から話題になっていたのは、

「ブラックジャック」やスティーブン・セガールの吹き替えなどで有名な

声優・大塚明夫さんの大河ドラマ初出演です。

大塚さんの役どころは、光秀が訪れた刀や鉄砲を扱う店「辻屋」の店主・宗次郎。

渋い声で大きな存在感を現していました。また出番は…ありますかね??

実は長年の親友である松永久秀役の吉田鋼太郎さんと

似すぎていることも話題になっていました。

実は大塚さんは父の大塚周夫さんと二代続いての大河出演です。

大塚周夫さんは「花の生涯」(1963年)をはじめ、

「武田信玄」(88年)や「太平記」(91年)にも出演していました。

今後は声優以外にも役者業で活躍の幅を広げていくのでしょうか。楽しみですね!

スポンサーリンク

2020年注目の大河ドラマ「麒麟がくる」今後の展開は?

NHKもYouTubeで、第一回のダイジェストと今後の展開をまとめた

動画を後悔しています。

歴史上では「本能寺の変」で織田信長を裏切ったというイメージが強い明智光秀。

その光秀を新解釈で、ほとんど一次資料のない20代の頃から描いた

大河ドラマ「麒麟がくる」。

続きが待ち遠しいものです。

スポンサーリンク

-ドラマ, 芸能

Copyright© 凄早ニュース速報 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.