今話題のニュースをいち早くお届けします。

凄早ニュース速報

芸能

佐藤二朗「99人の壁」サクラ不祥事に謝罪

投稿日:

4月4日、バラエティ番組『超逆境クイズバトル!!99人の壁』(フジテレビ系)でクイズの解答権がないエキストラの“サクラ”を参加させていたと発覚し、司会を務めていた俳優の佐藤二朗さんがTwitter上で謝罪して話題になっています。

スポンサーリンク

「99人の壁」サクラ不祥事とは?

フジテレビが番組公式サイトで公表した内容は以下の通りです。

番組は一般公募した参加者100人から選ばれた “チャレンジャー” の1人が、残り99人の解答者相手に全問正解を目指す早押しクイズ対決。100人に満たすため、人員不足が生じた際に解答権のないエキストラを参加させていたという。

番組は今後について「不測の事態で人数不足が生じた場合でも、その旨を明確にした上で放送することにいたしました」と継続を表明。そして「視聴者の皆様の信頼を損なう形となっていたことを真摯に反省し、番組をご覧の皆様およびすべての出演者、関係各位の方々に心からお詫び申し上げます」と謝罪した。

女性自身より

スポニチによると18年8月15日の特番と19年10月26日放送分まで、26回にわたって“サクラ”が起用されたそうです。

サクラとして参加していたエキストラの一人が、放送倫理・番組向上機構(BPO)に報告して発覚したそうですね。

番組のタイトルに「99人」を謳っている以上は、ちょっと許されないかと思います。エキストラの方の報告があってよかったですね。

スポンサーリンク

佐藤二朗の「99人の壁」サクラ不祥事に対する謝罪とは?

このツイートは13万件以上の「いいね」を記録し、佐藤さんに《頑張れ》や《応援しています》の声が寄せられています。

「佐藤さんにとっては、初めて司会に挑戦し務めた番組。独特の語りや熱気あふれる進行が視聴者から大好評でした。依頼を受けた当初は『俳優の自分にできるわけがない』と断るつもりだったといいます。しかし入社2年目の社員による企画書に熱意を感じ、出演を決意。全力で挑んでいただけに、今回の出来事は大変ショックだったようです」(テレビ局関係者)

女性自身より

今後の番組には一層の誠実さが求められるかと思いますが、番組に「真剣勝負」の真剣さを求め、それを届けてきた佐藤さんにとっても残念でならなかったのでしょうね。

スポンサーリンク

佐藤二朗のTwitterに現れる人柄とは?

佐藤二朗さんと言えば、Twitterにおいてかなり好印象なツイートをしていることでも有名ですね。

恐らくは新型コロナウイルスへの先の見えない戦いに対してのツイートだと思います。「内容はゼロだ」と言いながらも「こんなウイルスに負けてはならない」という意志が感じられるツイートですね。

こんなちょっとユニークな下ネタツイートも。フォロワーが174万人もいる状態で奥様に見せない、というのはさすがに無理かと(笑) 

なお、こちらに対しては俳優の山田孝之さんが「拡散に協力します」とツイートするや否や、

と何とも漫才のようなやり取りが(笑) 

また、奥様や息子さんに関するツイートが好評なのも特徴ですね。

毎回笑わせてもらっており、こころがほっこりさせられております。

こういうお人柄の佐藤さんだからこそ、番組の不祥事にも応援の声が多いのだと思います。

スポンサーリンク

佐藤二朗 謝罪に世間の反応は?

Twitterでも佐藤二朗さんを応援する声ばかりですね。

ぜひ今後とも俳優としても司会者としても頑張って欲しいですね!!

スポンサーリンク

-芸能

Copyright© 凄早ニュース速報 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.