今話題のニュースをいち早くお届けします。

凄早ニュース速報

経済

熾烈さを増す牛丼業界のテイクアウト戦争とは?

投稿日:

消費税増税を受けて、牛丼業界で巻き起こっているテイクアウト戦争が

話題となっているようです。

スポンサーリンク

 

競争の激しい牛丼業界の現状とは?

2019年10月の消費税増税を受けた牛丼業界は

各社でそれぞれの対策を打ち出しました。

 

松屋フーズは 11月5日から牛丼の「自動販売機」の設置を行いました。

これは軽減税率を活かして、お店で食べれば消費税10%がかかるが、

自動販売機なら8%の「軽減税率」で済むという消費税の抜け穴を突いたものです。

これからも設置場所が増えていく見込みだそうです。

 

一方吉野家は「消費税増税キャンペーン」と銘打って、

10月1日~15日の期間でのテイクアウトの牛丼・牛皿の

10%割引キャンペーンを行いました。

こちらも店舗によっては行列を作るなど、かなりの成果を上げたようです。

 

松屋、吉野家は、「テイクアウト」戦争で熾烈な戦いを演じているようです。

スポンサーリンク

牛丼業界の各社のシェアはどうなってるの?

なお、2019年のデータになりますが、

1位 すき家 売上:1,701億円 店舗数:1,933店舗

2位 吉野家 売上:1,010億円 店舗数:1,200店舗

3位 松屋 売上:781億円 店舗数:958店舗

4位 なか卯 売上:335億円 店舗数:461店舗

となっております。

現状の業界トップはすき家です。

経営母体であるゼンショーグループは4位のなか卯の経営も行ってますので、

ゼンショーグループのこの業界での強さを知らしめています。

かつて牛丼と言えば「吉野家」のイメージが強かったのですが、

今後はどうなっていくのでしょうか。

スポンサーリンク

牛丼業界の今後はどうなっていくの?

業界の今後についてはネット上でも話題になっています。

様々な声が上がっていますが、

恐らくは軽減税率の恩恵を受けられる間はテイクアウト戦争も激化するでしょうし、

消費税自体の影響も継続するため、

比較的安価でメニューを提供している牛丼業界には注目が集まります。

 

値段の安さ以外の魅力で売り出していく企業も少なくないでしょうね。

スポンサーリンク

-経済

Copyright© 凄早ニュース速報 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.