今話題のニュースをいち早くお届けします。

凄早ニュース速報

社会

「不要不急の外出を控えて」新型コロナウイルス感染拡大防止へ政府が呼びかけ

投稿日:

新型コロナウイルスに関して、また状況が差し迫っているようです。

スポンサーリンク

「不要不急の集まりの自粛」を厚労省が呼びかけ

新型コロナウイルスの感染が広がりをみせるなか、熱やせきが続いたらどうすればいいのか。政府の専門家会議は17日にも受診や相談の目安を公表し、感染拡大を防ぐために不要不急の外出を控えることなどを呼びかける。政府はウイルス検査の態勢強化を急ぐ方針だ。

朝日新聞デジタルより

新型コロナウイルスによる肺炎をめぐり、厚生労働省は2月16日、同日開催した専門家会議の第一回会合の詳細を説明する記者会見を開きました。

会見によると、専門家会議では『(国民の)不要不急な集まりの自粛を検討する必要がある』などの合意がなされたとのことです。

『不要不急の集まり』については専門家会議の座長がこう定義しています。

『新年会を行うとか、送別会を行うとか、そういったところが不要不急。今はスカイプであるとか電話会議というものを使えば、遠隔地であっても会議はできるわけですから、そういったものを活用して会議を行う形も不要不急な集まりを避けるような行動になる』

engadget日本版より

テレビ会議用のツールとしては、スカイプのほかSlackやGoogleハングアウト、Zoomなどさまざまあります。こうしたツールの導入はIT企業が進んでおり、GMO・NTTグループなど各社がテレワークの実施を発表しています。

新型コロナウイルスについては、どうしてもある程度の蔓延が進んでしまっている状況です。後手ではありますが、人同士の接触を避けながらも仕事を進めていく方策が問われていますね。

スポンサーリンク

不要不急の外出自粛について、ネット上の反響は?

当然ながら、批判的な論調が多いです。殊にWHOの危機感に欠けた分析を鵜呑みにして、強硬な対策を取らなかった政府が後手に回ったからこそ、状況は悪化しています。

今回の一件にしても、より自己防衛に委ねられる度合いが強まった感があります。職場ぐるみでうまく自己防衛できる方策を進めるほかないでしょうね。

Skypeやzoomなどのテレワークをうまく活用しながら、どうにかこの危機を乗り切っていきたいものです。

スポンサーリンク

-社会

Copyright© 凄早ニュース速報 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.