今話題のニュースをいち早くお届けします。

凄早ニュース速報

ドラマ

「麒麟がくる」越前編と新キャスト発表!朝倉義景と柴田勝家登場!今井翼は毛利新介役!

更新日:

昨日5/17(日)放送のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」では越前編が始まり、初登場の越前国大名・朝倉義景役のユースケ・サンタマリアさん、織田家の重臣・柴田勝家役の安藤政信さんの初登場が話題になりました。

さらに今回、桶狭間の戦いで大活躍する毛利新介役に今井翼さん、織田家宿老・佐久間右衛門尉信盛役に金子ノブアキさん、越前・朝倉家の家臣・山崎吉家役は榎木孝明さんの新キャストが発表され、さらに反響を呼んでいます。

スポンサーリンク

「麒麟がくる」越前編で新登場の朝倉義景とは?

長良川の合戦において、敗れた斎藤道三に味方したことで明智荘を追われた光秀たちでしたが、織田信長に帰蝶の取り計らいで、伊呂波太夫の助けを借りて越前へ逃亡し、大名である朝倉義景の保護を受けることになりました。

今回初登場したのが朝倉義景役ユースケ・サンタマリアさんでした。飄々とした食えない男、癖のある男がまた一人増えたなという印象でした(笑)

衣装のコンセプトにもなるほどなあと思わされます。

印象的なシーンがありました。路銀に困窮している光秀に対して「金をくれてやる」と言い放つ義景でしたが、その申し出を光秀が断ると、義景は途端に怪訝な表情になります。

施しを甘んじて受ける人間なら御しやすいものの、受け取らない人間は信用しない・・・そんな目をしているようにも思えました。

朝倉義景は越前国の大名で、もともと朝倉延景と名乗っていましたが、時の将軍足利義輝から「義」の一字を拝領して義景と名乗るようになりました。これは父である朝倉孝景が室町幕府の御供衆・相伴衆として地位を高めたことと、義景が正室に幕府管領の細川春元の娘を迎えたことがきっかけになっており、幕府と親密な関係を築いておりました。

衰退に向かっていた将軍家としても、朝倉家の力を戦国大名として頼りにしたかったという背景もあるのでしょう。

また、朝倉家の本拠地である一乗谷は、この時代有数の都市として知られ、越前国でも小京都と呼ばれるほどの栄えぶりであり、国力もかなりのものを持っていました。

そしてこの後、信長包囲網の一角を担うことになる朝倉家ですが、果たして明智光秀は朝倉家の中でどういう立ち位置を取ることになるのでしょうか? これもまた楽しみです。

スポンサーリンク

さらに今回初登場の織田家重臣・柴田勝家とは?

今回初登場して注目を浴びたのが、織田家の重臣で通称「鬼柴田」・「権六」こと柴田勝家役安藤政信さんです。

キャストの安藤政信さんも言っているように、歴代の役者さんたちが演じてきた柴田勝家像は線の太い、男臭いイメージが強いのですが、今回はどちらかと言えば線の細いタイプの安藤政信さんが配薬されています。

確かに猛将として知られ、「瓶割り柴田」のエピソードで知られるとおりに豪快なイメージがありますね。

なお、「瓶割り柴田」のエピソードはこういうものです。

信長の朝倉氏攻めの際、長光寺城に籠城した柴田軍は、朝倉氏と同盟を結んだ六角承禎(義賢)によって水を絶たれた。しかし、勝家は馬の体を水で洗ったり、手洗い後の水を惜しげもなく捨ててみせるなどして余裕を示し、城内に潜入している六角氏の間者の目を欺く。そして出撃を前に、城内の瓶に残った水を将兵に振舞った後、まだ水が入っている瓶を打ち砕いて諸将の奮起をうながして六角氏を打ち破ったことから瓶割り柴田と呼ばれるようになったと言われている

Wikipedia 柴田勝家より

実に豪快な、柴田勝家の人柄を象徴するエピソードですね。創作との説もありますが、それだけ勇敢で武勇にも優れた人物であったということでしょう。

宣教師のルイス・フロイスも柴田勝家を「はなはだ勇猛な武将であり、一生を軍事に費やした人」「信長の時代の日本でもっとも勇猛な武将であり果敢な人」と評しています。

演じる安藤政信さんも「太いナタを振り下ろすような豪快なイメージというよりは、研ぎ澄まされたナイフで鋭く切り込んでいく勝家をお見せできればと考えています。」との意気込みを見せており、また新解釈での人物描写が楽しみになりますね!

スポンサーリンク

今回発表の新キャスト、今井翼、金子ノブアキ、榎木孝明はどんな役?

今回は新たに三名の新キャストが発表されました。

毛利新介役・・・今井翼さん

信長の馬廻として仕え、桶狭間の戦いにおいて、今川義元の首級を上げた一人。

佐久間信盛役・・・金子ノブアキさん

信秀・信長の二代にわたって織田家に仕えて軍功をあげたが、天正8年に高野山に追放される。

山崎吉家役・・・榎木孝明さん

越前。朝倉家の家臣で朝倉家重鎮の朝倉宗滴と共に活躍。宗滴の没後には信長との戦いにおいて外交で重要な役割を果たす。

新たに三名のキャストが発表された訳ですが、毛利新介の登場も近づくということは、いよいよ戦国でも屈指の名場面である「桶狭間の戦い」が近づいてくるということですね。そして、信長の台頭と共に大名たちが徒党を組んでの「信長包囲網」! 戦国時代らしいエピソードが色々と目白押しになってきます。

今回で3回目の大河出演となる今井翼さんもかなり気合が入っているようです。早く「桶狭間の戦い」が観てみたいですね!

桶狭間の戦いのシーンはすでに撮影済みとのことですが、6月の放送をもっての一時休止が非常に残念ですね。続きが実に待ち遠しくなりそうです。

一刻も早くこの新形コロナウイルス禍が収まって撮影が再開されればと願っております。

スポンサーリンク

「麒麟がくる」越前編・新キャストに世間の反応は?

道三がお茶目すぎます(笑)

とにかく「麒麟がくる」の反響が凄いですね! 近年では一番ではないでしょうか!?

とにか注目すべき点が沢山あって、続きも楽しみです!

スポンサーリンク

「麒麟がくる」越前編・新キャスト まとめ

今回の記事では「麒麟がくる」の越前編と、新登場・新発表のキャストについてまとめてみました。

とにかく中断後は麒麟ロスに耐えながら、撮影再開を望む日々が続きそうです。そして、とにかく放送話数は減らさずに、年を越しても描ききって欲しいというのが切なる願いですね!

 

こちらの記事もどうぞ

スポンサーリンク
人気ブログランキングへ

-ドラマ

Copyright© 凄早ニュース速報 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.