今話題のニュースをいち早くお届けします。

凄早ニュース速報

スポーツ

清原和博「人前が怖い」と薬物後遺症の苦痛を告白

投稿日:

覚醒剤取締法違反で逮捕され、有罪判決を受けた元プロ野球選手の清原和博さん(52)が、

薬物依存症の治療の様子や現在の暮らしぶりを明らかにして、話題になっています。

スポンサーリンク

清原和博が語った薬物後遺症の苦痛とは?

清原さんは昨年11月から12月にかけて、監督を務めた「トライアウト」などの

野球イベントでほぼ4年ぶりにユニホーム姿で人前に登場しました。

公の場で笑顔を見せ、薬物依存症やその後遺症のうつからの回復を印象づけていましたが、

そんなに状況は楽観できるものでは無かったそうです。

イベント終了後1週間は、落ち込んで何も出来ず、

「今もまだ人前に出るのが怖い」と語っているそうです。

また、 「トライアウト」の記者会見では、カメラのフラッシュを浴びた際に、

覚醒剤取締法違反で逮捕されて送検される際に

車の中で浴びたフラッシュの記憶がよみがえり、

「全身から汗が出て頭の中が真っ白になり、

 何を話していいのかわからなくなりました」と話したそうです。

あの薬物事件を機に人生が大きく変わってしまった清原さんですが、

かなりの重責と苦痛を負うことになってしまったようです。

スポンサーリンク

清原和博の薬物後遺症と戦う力の根源は息子の存在だった

清原さんにとって回復の大きな支えになっているのは、

二人の息子の存在だそうです。

殊に野球をしている次男とは定期的に会い、バッティングを教えているそうです。

「息子たちに再会していなかったら、いまも絶望の中で、死にたいという思いが強かったのではないでしょうか」

離婚をしてしまったとは言え、父親であり続けられることが、

清原さんにとっての心の支えになっているのかもしれませんね。

スポンサーリンク

清原和博の現在についてネット上の反響は?

道を誤ってしまったとはいえ、プロ野球選手として活躍していた頃の

清原さんが好きだったファンの皆さんの声は厳しくもあたたかいものが

多かったように思います。

是非また、いい形で野球に関わって欲しいと私も願ってやみません。

スポンサーリンク

-スポーツ

Copyright© 凄早ニュース速報 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.