今話題のニュースをいち早くお届けします。

凄早ニュース速報

スポーツ

名言・ぼやきがもう聞けない…プロ野球史に名を刻む名将・ノムさんこと野村克也氏が死去

投稿日:

元ヤクルト監督で野球評論家の野村克也さんが死去したことを、11日放送のTBS系「グッとラック!」(月~金曜・前8時)がテロップで報じております。享年84歳。心よりご冥福をお祈りいたします。

スポンサーリンク

野村克也氏の生涯の戦績・監督としての実績

野村 克也(のむら かつや、1935年6月29日 -2020年2月11日 )さんは、京都府竹野郡網野町(現:京丹後市)出身の元プロ野球選手(捕手)・コーチ・監督です。

〇投球・打席 右投右打
〇ポジション 捕手
〇プロ入り 1954年
〇初出場 1954年6月17日
〇最終出場 1980年10月4日
〇経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
<選手歴>
南海ホークス (1954 – 1977)
ロッテオリオンズ (1978)
西武ライオンズ (1979 – 1980)
<監督・コーチ歴>
南海ホークス (1968 – 1977)
ヤクルトスワローズ (1990 – 1998)
阪神タイガース (1999 – 2001)
シダックス
東北楽天ゴールデンイーグルス (2006 – 2009)

週刊ベースボール 選手データ 野村克也

史上2人目の三冠王達成(世界のプロ野球史上初の捕手による三冠王)、選手出場試合数歴代2位、監督出場試合数歴代3位、通算本塁打数歴代2位、通算安打数歴代2位、通算打点数歴代2位、、通算打席数1位(11970打席)、通算打数1位(10472打数)、通算犠飛数歴代1位(113犠打)、通算併殺打1位(378打)、ベストナイン19回受賞で1位などの記録を持つ。また、監督としても「平成」(1989年1月8日~2019年4月30日)期間の最多勝利記録(1,053勝)を保持する。 1963年に記録した52本塁打は後に1985年落合博満も記録するが、その落合と並んで日本出身の日本国籍選手における1シーズン最多本塁打記録である。

Wikipediaより

本当に偉大な選手であり、監督でした。もうグラウンドで采配を振るう姿を見られないのは、とても残念です。

スポンサーリンク

名将・野村克也氏の名言は?

選手として、指導者として活躍した野村克也氏は沢山の名言を残しています。

・ 「どうするか」を考えない人に、「どうなるか」は見えない。

・ 重荷があるからこそ、人は努力するのである。重荷があるからこそ、大地にしっかりと足をつけて歩いていける。

・ 楽を求めたら、苦しみしか待っていない。

・ 優勝というのは強いか、弱いかで決まるんじゃない。優勝するにふさわしいかどうかで決まる。

・ 人を判断するときは決して結論を急がないこと。

・ 好かれなくても良いから、信頼はされなければならない。嫌われることを恐れている人に、真のリーダーシップは取れない。

・ うまくいっているときは、周りに人がたくさん集まる。だが、一番大切なのは、どん底のとき、誰がそばにいてくれたかや。

・ 命令するからには、全責任は監督にある。つまり、クビになるのはおまえでなくワシや。だから、失敗してもいっこうにかまわない。おまえの失敗はおまえを使ったオレが悪いのだから、全てを出しきり、結果は神にゆだねろ。

・ 不器用な人間は苦労するけど、徹してやれば器用な人間より不器用な方が、最後は勝つよ。

・ ナポレオンは「人間を動かす二つのテコがある。それは恐怖と利益である」と言った。私はこの二つに「尊敬」を加えたい。リーダーは「利益と尊敬と、少しの恐怖」で組織を動かしていくべきで、その潤滑油が「笑い(ユーモア)」だ。

他に挙げればきりがありませんが、ID野球に象徴される理知的な面と合わせて、人間的な部分もにじみ出る名言が多いですね。

スポンサーリンク

野村克也氏の象徴的なエピソードとは?

「一度は戦力外通告を受けていた!?」

意外なことに高校時代は全くの無名で実力がなかった野村選手。プロ入りこそはするも、なかなか活躍することができませんでした。

そして1年目のオフに戦力外通告を受けることに…。しかし秋季キャンプ中にチームの正捕手が交通事故、2番手捕手が高橋ユニオンズにトレード、3番手捕手が怪我したことがきっかけで残留することになったのです。

当時、野村選手は「もしここでクビになるようなら生きていけません。」と辛抱強く交渉し、担当マネージャーに「お前のようなやつは初めてだが、若いうちなら人生はやり直せる。お前は活躍できないんだぞ。俺の目は確かだ。」と苦言を言われつつも何とか残ったそうです。

その後三年目に一軍の正捕手になってからの活躍は皆さんのご存知の通りです。

 

「王、長嶋へのライバル意識」

近代プロ野球の歴史をひもとくと、高度経済成長期とともに隆盛を極めていった巨人軍の存在があります。その中心にONこと、王貞治、長嶋茂雄の両スター選手がいました。

スター選手の登場も相まって、それまで「職業野球」とさげすまれたプロ野球が「国民的スポーツ」に高められたまし。そうした時代に野村氏は目覚ましい活躍をしたものの、王、長嶋という2人のスター選手の「陰」に隠れてしまいました。だが、だからこそ野村氏は対抗心を燃やし、成長を遂げられたのだと明かします。

私は「記憶」では長嶋にまったく敵わず、「記録」でも王の後塵を拝すことになった。「人気」はいわずもがな。私はふたりの引き立て役だった。同時代に選手生活を送ったことは「つくづくついてない」と苦笑するしかない。が、彼らへの対抗心がエネルギーになったのも事実である。

ダヴィンチオンラインより

自身を月見草に例えたエピソードも有名ですね。強大なライバルがいたからこそ、負けじと努力を重ね、名選手と呼ばれるにふさわしい戦績を残せたのでしょうね。

スポンサーリンク

名将・野村克也氏の逝去にネット上の反応は?

野球の名選手・監督としてだけでなく、人として大切なことを沢山の言葉と、そして沢山の選手の育成という形で、沢山の財産を残してくれたノムさん。

どうか安らかに……

スポンサーリンク

-スポーツ

Copyright© 凄早ニュース速報 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.