今話題のニュースをいち早くお届けします。

凄早ニュース速報

スポーツ

元祖二刀流。プロ野球の大洋、ヤクルト元監督の関根潤三氏が死去。

投稿日:

プロ野球の大洋、ヤクルトで監督を務めた関根潤三氏が死去したことが9日、分かった。享年93歳。ご冥福をお祈り致します。

スポンサーリンク

関根潤三氏の経歴

関根氏は1927年(昭2)3月15日、東京都生まれ。日大三中(現日大三高)から法大に進み、投手として東京6大学リーグ通算41勝。49年10月には、来日した米3Aサンフランシスコ・シールズ相手に延長13回を投げ抜いた。50年近鉄入団。投手として通算65勝を挙げ、57年に志願して打者に転向。打者としては通算1137安打、59本塁打を放った。防御率10傑入り1度、打撃10傑入り5度を記録。オールスターには5度出場し、53年は投手、63年は外野手としてファン投票選出。65年に巨人で1年間プレーし引退。引退後は70年の広島打撃コーチ時代に山本浩、衣笠らを育て、巨人では75年ヘッドコーチ、76年2軍監督。大洋(現DeNA)、ヤクルトでは監督を務めた。03年には野球殿堂入りを果たしている。

日刊スポーツより

また野球界の惜しい人材を亡くしました。悲しいですね・・・

スポンサーリンク

関根潤三氏のエピソード

・ニッポン放送の解説者になった当時(1966-69年)、専属解説者が関根1人だったため、ニッポン放送で中継されるほとんどの試合の解説を関根が行っていた。元ニッポン放送アナウンサーの深澤弘は「他局は当時から何人もの解説者を起用していたが、 関根さんの声が聴こえたらニッポン放送だと解るようにあえて関根さん1人しか起用しなかった」とコメントしている。

・大洋・ヤクルト監督時代の老成した、穏やかな印象から「笑顔があふれる温厚な人物(好々爺)」と思われがちであるが、実際は若い頃から、言葉より先に手が出るという熱血漢である。旧制日大三中・法大・近鉄で同窓となった永年の親友である根本陸夫が、『潤ちゃんは、見た目は紳士だけど、中身はヤクザ』と生前言い残した逸話を持つ(根本自身も、若い頃に相当の武勇伝を持つことで知られている)。この言葉に対し関根は「アイツが自分のことを隠すために言ったセリフ」とかわしている。

・広島コーチ時代、門限を破った衣笠祥雄を寮の玄関で待ち伏せていた逸話は有名。説教を覚悟した衣笠に対し、笑顔で「さあ、素振りをやろうか」とバットを渡し、夜中にも関わらず衣笠の素振りを付っきりで見守った。後に関根は「素振りさせたけど、(衣笠が)最初は反抗的な目だったからこっちも意地になって朝まで付き合った」と語っている(2008年9月27日フジテレビ739『プロ野球ニュース』より)。

・就任1年目のキャンプで池山隆寛に「いいと言うまで止めないこと」と素振りを命令。その後命令したことをすっかり忘れてしまって喫茶店に行ってしまい、池山は止めるに止められず延々素振りし続けた。

・池山隆寛・広沢克己は関根にとって思い入れの深い教え子であり、「あのふたりには夢を持てました。練習が楽しみで仕方なかった。極端な話、ゲームなんかどうでもいいほどでした」「彼らを前に押し出すということを意識的にやった」と述懐している。

Wikipediaより

お人柄のしのばれる素敵なエピソードと、意外性のあるエピソードがまた魅力的ですね。

スポンサーリンク

関根潤三氏 訃報に世間の反応は?

皆に愛された野球人が逝ってしまうのはしまうのは寂しいことですね。

謹んでお悔やみ申し上げます。

スポンサーリンク

-スポーツ

Copyright© 凄早ニュース速報 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.